スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

湯殿山権現-柳田街道(宇都宮市道場宿町付近)

久しぶりのノスタルジックハントです。
今日は日々通勤で利用している柳田街道 道場宿町付近(国道408号線と交差する場所)でいつも気になっていた場所をハントしてきました。

Tochigi100km_20091107-165726-003.jpg


Tochigi100km_20091107-165727-004.jpg


湯殿山権現-別名「ゴンゲンサン」


・・・続きはこちらからご覧ください。
スポンサーサイト
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

世界は栃木県から半径100km圏内 - 旧谷中村を訪ねる。

久しぶりのノスタルジックハント。
今日は渡良瀬遊水地へ旧谷中村を訪ねました。

Tochigi100km2009101601-20091016-162206X.jpg

レポートは新しいブログ「世界は栃木県から半径100km圏内」よりご覧ください。

このブログは終了とし、以降は「世界は栃木県から半径100km圏内」に統合したいと思います。

今後もノスタルジックハントは行ってゆきますので、引き続きよろしくお願いいたします。
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

ハンターの夕飯:本宮前 [栃木県真岡市]

Nostalgic_IMG_050010.jpg

うなぎ 本宮前
栃木県真岡市下籠谷3369-1
0285-83-3200


廃線鹿島鉄道のノスタルジックハントも終了。
宇都宮に戻ってきたころには20時近くになっていました。

昼飯のラーメンがマズカッタので、夕飯は旨いうなぎでも食べよう。
宇都宮で旨いうなぎならこちら『本宮前』が最高!

付近にうなぎ専門店のうな源やうな源・別館という店もあるが、確かに店の雰囲気はうな源のほうが勝っているが、うな重単体で評価するならダントツ『本宮前』が上手。

Nostalgic_IMG_049810.jpg

注文はもちろん『うな重 (1,500円)』

Nostalgic_IMG_049910.jpg

この絵って・・・子供の落書き? それとも芸術家の作品?
ノスタルジックハンターは芸術には疎いのでよくわかりません。

Nostalgic_IMG_050210.jpg

こちらが本宮前の『うな重』。
うな源よりも肉厚で、タレも深い。とにかくメチャ旨!

この店は是非お勧めです。
国道408号線を真岡方面へ進み、うな源・別館まで行かないくらいの場所です。
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

ハンターの昼飯:ラーメン秀華 [茨城県 行方市]

Nostalgic_IMG_049710.jpg

ラーメン 秀華
茨城県 行方市 玉造甲 6364-3
0299-55-4300

日曜日は久しぶりのノスタルジックハントでした。
合わせて旨いラーメン屋もハントしなくては!
・・・ということで発見したお店がこちら。『ラーメン 秀華』。

駐車場はぎっしり車で埋め尽くされており、旨い店である可能性は高い。

Nostalgic_IMG_049310.jpg


比較的新しい店なのでしょうか? とても清潔な店内です。
「ホッピー!」って何なのでしょうか・・・。

注文したのは、『味噌チャーシューメン』『餃子+半ライスセット』。

Nostalgic_IMG_049410.jpg

こちらが味噌チャーシューメン。
麺の太さや歯ごたえはとても美味しい。スープは・・・・味がしない。
チャーシューは・・・、(コメント自粛)。
Nostalgic_IMG_049610.jpg


そしてこちらが、『餃子+半ライスセット』。
Nostalgic_IMG_049510.jpg

おお!これは唯一普通の味だ。

皆様も行方市 玉造甲方面へノスタルジックハントの際には是非ご賞味ください。
ノスタルジックハンターは決してお勧めしません
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

廃線 鹿島鉄道線を追え!浜(はま)駅、八木蒔(やきまき)駅

おおっ、気が付けば2ヶ月近くもブログを更新していない。いやぁ反省反省。
梅雨時期の合間、今日は何とか雨が降らなそうだったので久しぶりのノスタルジックハントへ行ってきました。
ターゲットは「廃線鹿島鉄道」、パートナーはハンターK。

まずは廃線鹿島鉄道-八木蒔駅(やきまきえき)。
Nostalgic_Yakimaki_sta10.jpg
八木蒔駅 2006年5月の光景(画像はウィキペディア(Wikipedia)より)

雰囲気は前回調査した「借宿前駅」に似ている。
八木蒔駅(やきまきえき)には、無料駐車場も設定されていない。
Googleマップによる事前調査から、この駅は付近住民が歩いて利用した生活導線だったに違いない。

切り立った山のふもとに設置された八木蒔駅(やきまきえき)の現在の姿は・・・。
Nostalgic_P100029610.jpg

それが嘗て生活導線であったとはとても思えない光景。
これが廃線の寂しさなのでしょうか・・・。


ハンターKのノスタルジック商用車が唸る。
次は廃線鹿島鉄道-浜(はま)駅へとその足を進める。
鹿島鉄道 浜(はま)駅
浜駅 2006年5月の光景(画像はウィキペディア(Wikipedia)より)

廃線鹿島鉄道には木を使った駅舎が多く、浜(はま)駅の待合所もそれに反さない。

『待合所の木の風合いが楽しみ』


そんな期待とは裏腹に、目にした光景はなんとも寂しいものでした。

廃線鹿島鉄道-浜駅


「ノスタルジックの生存期間は有限である」・・・、わかってはいたが、浜駅にもその生存期間の終了は迫っているように感じられた。

Nostalgic_P100029210.jpg


明かりを灯さない電灯。
この駅には、もう君の明るさは必要ないんだ。

Nostalgic_P100029410.jpg

これからの浜(はま)駅には、こっちの明かりがよく似合う。
Nostalgic_P100029010.jpg

少しずつ、『無』に戻っている・・・、そんな気がしました。

『無』の中に『有』が出きる・・・、そんな時、人はワクワクしますよね?
でも時には『有』が『無』に戻る・・・そういう気持ちを考えてみるのもいいことなのかもしれません。

"ノスタルジックな風景を大切にする"ということは、今を精一杯生きることの現われだと思いませんか?


俺はノスタルジックハンター!!!
見かけはオヤジ!中身は子供!ブログの更新は滞っている!

でも頑張る!


2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」
プロフィール

ノスタルジックハンター

ノスタルジックハンター

身近な景色、見慣れた風景からノスタルジックを探索します。
俺は『ノスタルジックハンター』
見かけはオヤジ、中身は子供!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。