スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

廃線 鹿島鉄道線を追え![前編] 鉾田駅、巴川駅 を訪ねる。

今日はとても春らしいすばらしき天気。

そんな日はもちろん、『ノスタルジックハント』

まず最初に廃線 鹿島鉄道線 鉾田駅を訪ねました。
この鹿島鉄道線は、2007年4月廃線になった鉄道で、状態はとても新しい。
ノスタルジックには少しだけ早いイメージです。
Nostalgic_P100020500.jpg


しかし、『ノスタルジックの生存期間は有限』である。
いつでも見られるものと思っていると、それはある日突然2度と見ることはできない風景になってしまうのです。
Nostalgic_P100020900.jpg

鉾田駅の片隅には、古い車両も保管してありました。
(ノスタルジックハンターは鉄道マニアではないので、詳細は不明。)

Nostalgic_P100021300.jpg

なんとも愛らしい表情の車両だ。
彼の名は、

Nostalgic_P100021100.jpg

『キハ 601』という。


そしてこちらが、『KR505』という最終型である。
Nostalgic_P100021700.jpg

ホームも列車も、まだまだ現役時代の名残を十分に感じさせる。

Nostalgic_P100020800.jpg
Nostalgic_P100020700.jpg

ポイント切り替え機や、レールもすばらしい!。
いつでも現役復活が可能であるとも思える状態である。
・・・しかし彼が復活することは二度とない。

"隣の駅にも行ってみたい!"

そんな衝動に駆られ、鉾田駅の隣、『坂戸駅』へ向かいました。

到着した先は、『巴川駅』(!?)
なんと坂戸駅の隣!!! 痛恨の1駅ロスト。
Nostalgic_P100023200.jpg
Nostalgic_P100023300.jpg

駅には無料駐車場があり、廃線と分かっていてもお得な気分♪。

Nostalgic_P100022500.jpg

これはまさに「田舎に泊まろう」で有名人民泊希望者が待っていそうな風景。
Nostalgic_P100022600.jpg

二度と明かりを灯すことのない外灯。寂しい。

Nostalgic_P100022800.jpg

「早く電車来ないかな・・・。」
そんな気分にさせるホーム。
ノスタルジックは常に存在する!!!。


Nostalgic_20090509X0100.jpg

「廃線 鹿島鉄道線を追え![前編] 」は、ここまで。


鹿島鉄道は、航空自衛隊百里基地への航空燃料輸送の収入によって経営が成り立っていた。

しかし2001年8月、榎本駅から百里基地へのパイプラインの老朽化を理由に燃料輸送が中止されたため深刻な経営悪化が確定的になった。

これに対し親会社である関東鉄道による経営支援と沿線自治体と茨城県による公的支援が5年間行われることとなり、廃線の危機は一旦回避された。

だが、2005年のつくばエクスプレスの開業により、自社の常総線や高速バスの利用者が減少し減収となった関東鉄道は、2007年度以降の経営支援を行わない方針とした。

これを受け、親会社の支援なしでの鉄道経営は不可能と判断。
鹿島鉄道は2006年3月30日に廃止届を提出した。
存続を願う人々の思い、各団体の願いはかなわず、2007年4月1日に廃止されるに至ったのだ。

廃線後の線路や駅舎は主として鉾田側から順次撤去されることになっているという。

ノスタルジックを語る風景は、時間と共に消え行く運命であることを深く実感した。



ならば存在する間に、ノスタルジックハンターの目に焼き付けよう!


>>「廃線 鹿島鉄道線を追え![後編] 巴川駅~借宿前駅 レールの旅。」へ続く。

2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

comment

Secret

プロフィール

ノスタルジックハンター

ノスタルジックハンター

身近な景色、見慣れた風景からノスタルジックを探索します。
俺は『ノスタルジックハンター』
見かけはオヤジ、中身は子供!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。