FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

陸軍宇都宮飛行場(清原飛行場)跡を追え![宇都宮陸軍航空廠線]編

なんとなく天気の悪い土曜日。
肌寒く、家でゆっくりと過ごしたくなるそんな日は・・・?

もちろん!『ノスタルジックハント』です!!!

陸軍宇都宮航空廠線


比較的近場の宇都宮市清原地区のノスタルジックをハントしてきました。
「そんなところに何かあるの?」と言われそうですが、あります

ノスタルジックは何処にでも存在するのです!


宇都宮市にある清原工業団地。
実はあの辺り、第二次世界大戦の頃は『陸軍の飛行場』だったのです。
その名は、陸軍『宇都宮飛行場』(通称:清原飛行場、鐺山飛行場)。

道路整備や工業団地ができ、その痕跡は殆ど見つからないと思われましたが・・・

大丈夫、ありました。ちゃんと現代と過去を結びつける痕跡が!!!

宇都宮陸軍航空廠線

見てくださいこの道路。
清原中央小学校、清原中学校、清陵高校、海星高校を結ぶような道路で、現在は通称『学園通り』と呼ばれています。
しかし、20年ほど前は、通称『線路道』と呼ばれていました。

そうです!この道は、もともと線路だったのです!

『宇都宮陸軍航空廠線』(うつのみやりくぐんこうくうしょうせん)
(清原線、清原鉄道、清原飛行場線などなど色々な説がありますが、恐らくこれが正式名称)

清原にあった陸軍宇都宮飛行場と、高根沢町の宝積寺駅を結ぶ軍用線でした。
航空機の工場であった航空廠への物資の輸送、及び工員の輸送が目的だったようですが、一部の情報では朝夕に客車も運行されていたとのことです。
戦争の終了に伴い昭和20年(1945年)に廃線となっています。

・・・痕跡はないのかって?
もちろんあります。
宇都宮陸軍航空廠線

わかりますか?
これは清原駅のプラットホーム跡です。
屋根でもついていたのでしょうか、何かを支えるコンクリートがそのまま残っています。

線路については残念ながら立派な道路ができてしまい、もはや痕跡を追うことはできませんでしたが、近くの老人に話を聞くと、昭和40年頃までは砂利道で枕木が存在したそうです。

さて、陸軍宇都宮飛行場(清原飛行場)跡を追うにあたり、『線路』と『駅』の場所がわかりました。
これは、当時の人々の導線を把握したことと同じです。

この辺りにはまだまだノスタルジックが潜んでいる!


次回は「陸軍宇都宮飛行場(清原飛行場)」自体の痕跡を追ってみたいと思います。

>> 「陸軍宇都宮飛行場(清原飛行場)跡を追え![飛行場]編」へ続く

2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

comment

Secret

微妙な天気ですな。

こんにちは!

清原に軍用線が引いてあったのは初耳ですよ。
清原工業団地がありノスタルジックとは無縁だと
思ってましたが・・

たしか益子のほうは防空壕が残ってる場所も
あるみたいですね。

Re: 微妙な天気ですな。

こんにちは。確かに微妙な天気ですね。

!? 「益子の防空壕」ですか!
それは初耳です。
明日も天気が悪かったら、益子の防空壕について調べてみます。

でも、ノスタルジックハンターはクモが怖いので、そういう感じなら行けないかも・・・。

No title

ご訪問並びにコメントありがとうございます。ホーム上はこのようになっておりましたか。下からの道路より眺めただけなので、上部構造はあまり分かっておりませんでした。いずれ当方もホーム上から観察してみようかと思います。

Re: No title

扶桑座さん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ。
    「ホームの上はどうなっているのか?」
これがどうしても気になり、ちょっと怪しかったけど登ってしまいました。
意外にもシッカリとホームの痕跡が残されていましたよ。

今度是非登ってみてください!(怪しいけど)
プロフィール

ノスタルジックハンター

ノスタルジックハンター

身近な景色、見慣れた風景からノスタルジックを探索します。
俺は『ノスタルジックハンター』
見かけはオヤジ、中身は子供!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。