スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

廃線 鹿島鉄道線を追え!浜(はま)駅、八木蒔(やきまき)駅

おおっ、気が付けば2ヶ月近くもブログを更新していない。いやぁ反省反省。
梅雨時期の合間、今日は何とか雨が降らなそうだったので久しぶりのノスタルジックハントへ行ってきました。
ターゲットは「廃線鹿島鉄道」、パートナーはハンターK。

まずは廃線鹿島鉄道-八木蒔駅(やきまきえき)。
Nostalgic_Yakimaki_sta10.jpg
八木蒔駅 2006年5月の光景(画像はウィキペディア(Wikipedia)より)

雰囲気は前回調査した「借宿前駅」に似ている。
八木蒔駅(やきまきえき)には、無料駐車場も設定されていない。
Googleマップによる事前調査から、この駅は付近住民が歩いて利用した生活導線だったに違いない。

切り立った山のふもとに設置された八木蒔駅(やきまきえき)の現在の姿は・・・。
Nostalgic_P100029610.jpg

それが嘗て生活導線であったとはとても思えない光景。
これが廃線の寂しさなのでしょうか・・・。


ハンターKのノスタルジック商用車が唸る。
次は廃線鹿島鉄道-浜(はま)駅へとその足を進める。
鹿島鉄道 浜(はま)駅
浜駅 2006年5月の光景(画像はウィキペディア(Wikipedia)より)

廃線鹿島鉄道には木を使った駅舎が多く、浜(はま)駅の待合所もそれに反さない。

『待合所の木の風合いが楽しみ』


そんな期待とは裏腹に、目にした光景はなんとも寂しいものでした。

廃線鹿島鉄道-浜駅


「ノスタルジックの生存期間は有限である」・・・、わかってはいたが、浜駅にもその生存期間の終了は迫っているように感じられた。

Nostalgic_P100029210.jpg


明かりを灯さない電灯。
この駅には、もう君の明るさは必要ないんだ。

Nostalgic_P100029410.jpg

これからの浜(はま)駅には、こっちの明かりがよく似合う。
Nostalgic_P100029010.jpg

少しずつ、『無』に戻っている・・・、そんな気がしました。

『無』の中に『有』が出きる・・・、そんな時、人はワクワクしますよね?
でも時には『有』が『無』に戻る・・・そういう気持ちを考えてみるのもいいことなのかもしれません。

"ノスタルジックな風景を大切にする"ということは、今を精一杯生きることの現われだと思いませんか?


俺はノスタルジックハンター!!!
見かけはオヤジ!中身は子供!ブログの更新は滞っている!

でも頑張る!


2009.10.16 新しいブログに統合しました。

栃木県ブログ:「世界は栃木県から半径100km圏内」

comment

Secret

No title

おはようございます。ノスタルジックハンターさん。

ノスタルジックを探し求め過ぎて、何処かに彷徨い込んでしまったのかと、心配してました。

『"ノスタルジックな風景を大切にする"ということは、今を精一杯生きることの現われ』 いい言葉ですね。

人間が作り出した『有』は、いつしか自然に還り『無』となる。
これが本来の姿なのでしょうね。
しかし、『無』にならない、なれない。自然が崩壊していっています。

次のハント、楽しみにしてます!

Re: No title

Marcさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

いやぁ、最近ブログを書かない生活を満喫していました。
ノスタルジックを探し求め過ぎていたわけではないのです・・・。

これからも少しずつ、ハントしていきますのでよろしくお願いします。
プロフィール

ノスタルジックハンター

ノスタルジックハンター

身近な景色、見慣れた風景からノスタルジックを探索します。
俺は『ノスタルジックハンター』
見かけはオヤジ、中身は子供!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。